小陰唇縮小手術で口コミ評価の高い大阪のクリニックとは?

大阪で小陰唇縮小手術ならこのクリニックで! » これで安心!小陰唇縮小手術の予備知識

これで安心!小陰唇縮小手術の予備知識

このカテゴリーでは、小陰唇縮小のための手術を受ける前に知っておきたい予備知識を紹介していきます。

小陰唇縮小手術が必要な状態とは

ご自分の小陰唇の状態を不安に感じ、小陰唇縮小の整形手術を受けたいと考えるなら、大切なことは「納得できるクリニックを選ぶこと」です。

女性の性器に関する悩みの多くは、小陰唇だといわれますが、小陰唇が肥大していると、このような症状がみられます。

参考:女性心身医学 21 巻 (2016-2017) 3 号 p. 290-294:妊娠と美 2016-2017[PDF]

  • 小陰唇が大陰唇からはみだしている。
  • 小陰唇の色が黒い。小陰唇にシワが多く黒っぽい。
  • 左右の形や大きさが異なる。
  • 座ったり、パンツなどで圧迫されたりすると痛い。
  • 小陰唇が大きく、外陰部に痛みや違和感、かゆみなどがある。
  • 尿の飛び方がおかしい。
  • おりものが多い。

また、小陰唇縮小が必要かどうか簡単なテストでも診断できます。

  1. 両方の小陰唇をぴったりつけます。
  2. そのまま軽くつまみながら引っぱります。
  3. そのまま指をパッと離します。

これらの症状が当てはまるのであれば、クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

小陰唇縮小手術が得意な大阪のクリニックを見てみる>>

小陰唇肥大の原因について

小陰唇肥大は生まれつきによる先天性のものがあるといわれています。他の原因としては、妊娠や出産、思春期に起こるホルモンバランスの乱れではないかと考えられるようです。さらに、小陰唇が老化しゆるんでしまい小陰唇肥大が起ることもあるとされています。

また、マスターベーションのし過ぎが原因で肥大する可能性を示唆する声もあります。しかし詳しい原因はまだ解明されていません。

【参考】

小陰唇はどんな役割があるのか?

小陰唇は膣口と尿道口の左右にある外性器の割れ目に沿った場所にあるひだ状の皮膚のことを言います。子どもの頃は大陰唇に隠れて見えない状態にあるのです。色もピンク色をしていますが、思春期から大人にかけて小陰唇は成長していきます。

色もピンク色から黒ずんだ赤色に変わっていくのです。非常に柔らかい皮膚なので引っ張ると伸びます。膣を雑菌から守ったり、性行為の時に陰茎を包んだりする役割があります。

小陰唇肥大の基準値について

平均的な日本人女性の小陰唇の大きさは、高さ17mm、長さ56mm、厚さ3.2mmです。この平均値は目安でしかありません。実は足を閉じた時でも大陰唇で小陰唇がすっぽりと隠れている日本人女性は16%しかいません。84%の女性は小陰唇が露出している状態なのです。左右対称の人も65%しかいません。ですから左右の差もあまりに違い過ぎなければ気にすることはないのです。

しかし手術の目安となる基準は存在します。これはアメリカで作成されたものですが、3つのクラスに小陰唇の大きさを分けていて3つ目のクラス以上になると手術を必要とするとされています。1つ目のクラスは0.0-2.0mmで小陰唇が小さい状態とされています。2つ目のクラスは2.0-4.0mmで小陰唇が普通程度です。

そして3つ目のクラスは4.0mm以上で小陰唇が大きいとされています。しかしこのアメリカの基準では4.0mmを小陰唇が超えた状態でも必ずしも手術が必要な訳ではないとされています。アメリカ人女性は小陰唇が日本人女性よりも大きいようです。

アメリカ人女性の小陰唇の平均は2.5mmとなっています。ですから日本人女性はアメリカの基準を参考程度に覚えておくと良いでしょう。

異常かどうかの判断方法

小陰唇を含む生殖器の異常が先天性のものであれば、生まれた時に病院が気づくことが多いです。しかし後天性のものは判断も難しいです。先ほど考えたように小陰唇が大陰唇からはみ出た状態だからといってすぐに手術が必要な訳ではありません。

ほとんどの人が大陰唇から小陰唇がはみ出ていますが、手術せずに生活しているのです。しかし小陰唇が片側だけ以上に大きい、さらに痛みがあるという場合は異常である可能性が高いです。また、小陰唇が大陰唇からはみ出ていることから臭いがすることもあります。

臭いがすると自分としても「他の人に不快な思いをさせるのでは?」と心配になるでしょう。雑菌が入って臭いが発生している可能性があります。そうなると、病院を受診した方が良いでしょう。いずれにせよ手術が必要かどうかの判断は病院で医師に診てもらわなければわかりません。

気になるようであればこのサイトでご紹介している大阪のクリニックでの受診をおすすめします。無料で相談を受け付けているクリニックもありますので気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

小陰唇の肥大や黒ずみが起こる理由はいろいろ考えられる

読者のなかには、「小陰唇の肥大や黒ずみは、性交渉が理由で起こったのでは…。」と考えている人もいるのではないでしょうか?しかし、これらの症状の多くは「先天的なもの」です。

つまり、性交渉が原因で症状が出るとは限らないということです。次の章からは、小陰唇の肥大・黒ずみが起こる原因・きっかけを紹介していきます。

小陰唇の肥大が起こる原因・きっかけ

小陰唇の肥大が起こる原因・きっかけを3つ紹介します。

1.生まれつきによるもの

体質によって、小陰唇の肥大が起こっている人は少なくありません。幼少期から症状が出る人もいれば、成人になってから症状が出る人までまちまちです。読者のなかには、小陰唇の形が人と違うと言ってショックを受けているかもしれません。

しかし、人によって小陰唇の形が違うのは当然のことです(各個人によって遺伝子が違うため)。そのため、深く考えすぎない方が良いでしょう。

2.ホルモンの乱れ・バランス崩壊が起こった

ホルモンの乱れ・バランス崩壊も、小陰唇の肥大が起こるきっかけとなる場合があります。とくに、下記の場面ではホルモンの乱れが起こりやすいです。

妊娠中

妊娠中は、女性ホルモンが体内で分泌される量が増えるため、ホルモンバランスは崩れやすいです。とくに、出産日が近付くにつれてホルモンバランスの乱れも大きくなっていきます。

仕事やプライベートなどでストレスを抱えているとき

ストレスをたくさん抱えている女性も、ホルモンバランスが崩れやすくなります。症状が重くなると「生理不順」などへつながり、普段の生活を送るのも辛く感じます。

仕事とプライベートが忙しくて、かつ睡眠不足に陥っている女性の場合は、より一層ホルモンバランスが崩れやすくなるので気を付けましょう!

寝る時間がバラバラ

日々の睡眠時間は一緒でも、寝る時間がバラバラ(例.平日は夜23時に寝るが、休日は朝の5時に寝るなど)だとホルモンバランスは乱れやすくなるでしょう。

なぜなら、体内時計が乱れストレスを感じやすくなるからです。その結果、身体や脳も生活リズムをつかめずだるく感じる場合も…。曜日に関係なく、寝る時間を合わせることをおすすめします。

無理なダイエットをしたとき

急激に痩せるような、無理なダイエットもホルモンバランスが崩れやすくなります。例えば、食事量を急激に減らす(一日三食を一食にするなど)、偏った栄養バランスの食事をする(たんぱく質、炭水化物を0にして野菜のみにするなど)ことを行っている人は危険です。

とくに、若いとき(10代、20代前半)だと、身体の成長にも悪影響を与える可能性があるので気を付けてください。

更年期に突入したとき

更年期に突入した場合も、ホルモンバランスは崩れやすくなるでしょう。更年期とは、一般的に40代中盤から50代中盤にかけて訪れます(個人差によって、時期・期間は違います)。症状としては、「身体のほてり、のぼせ、大量発汗」などが起こりやすくなります。

また、ストレスや生活環境の変化によって更年期の症状がひどくなる恐れもあるので、意識しながら普段の生活を送ってみてください。

3.小陰唇の強度が弱まった

小陰唇の強度が弱まった女性の中にも肥大する人はいます。とくに、加齢などで大陰唇の肉が減った場合、余計小陰唇が肥大したように見えるケースも…。小陰唇周辺を鍛えるトレーニングをすれば、症状の進行を遅らせることも可能なので試してみてください。

小陰唇の黒ずみが発生する原因・きっかけ

ここからは、小陰唇の黒ずみが発生する原因・きっかけを5つ紹介します。生活習慣にかかわる内容も載っているので、当てはまっている内容がないかチェックしながら読んでみてください。

1.きつめの下着を着用している

小陰唇にピタッと貼り付いている下着を着用していると摩擦が起こりやすくなるので、小陰唇の黒ずみが発生する原因になるでしょう。とくに、現場仕事など普段から歩いたり走ったりする人が多い人は摩擦が起こりやすくなるため、黒ずみが発生する確率も高くなります。

これ以上、黒ずみをひどくしたくないと思っている人は、もう一回り大きい下着を着用すると良いでしょう。

2.自転車に長時間乗っている

自転車に長時間乗っている人も、小陰唇に摩擦が起こりやすいので黒ずむ確率も高くなるでしょう。サドルに座っているだけではなく、ペダルを漕いでいるときも摩擦は起こります。

例えば、自転車通勤をしている人は「徒歩、電車通勤」へ変更すると、摩擦も減るので良いでしょう。

3.小陰唇を傷つけている

小陰唇を傷つけている人も要注意です。肌が傷付くと、肌を回復させるために「メラニン色素」が発生し、黒ずみが出現する確率も上がるのです。小陰唇が傷つく理由として、下記内容が挙げられます。

  • カミソリで、てい毛した
  • 小陰唇付近がかゆくて、かきむしった
  • 小陰唇付近のケアが不十分だった

上記の内容に当てはまっている場合は、黒ずむ確率が上がります。もし、小陰唇が傷付いた場合は、薬を付けて迅速な対応をしましょう(不安な人は、薬剤師・医師へ相談したうえで、薬を処方してもらいましょう)。また、カミソリでてい毛するときは、肌に優しい刃を使うと、小陰唇付近へのダメージも少なくて済むのでおすすめです。

4.小陰唇が乾燥している

小陰唇の乾燥も、黒ずむ原因になる場合も…。なお、乾燥が起こりやすい場面は下記の通りです。

  • 熱いシャワーを浴びた後
  • 湿度が低い場所(ストーブが付いた部屋など)に長期間居たとき

なお、乾燥したときは保湿クリームを付けると肌に潤いが出ます。ちなみに、保湿クリームはドラッグストアにも販売しており、1000円前後で購入できるので使ってみると良いでしょう。

5.ホルモンバランスの乱れ

肥大と同様に、黒ずみもホルモンバランスの乱れによって起こる場合があります。さきほど話した通り、生活習慣や生活環境によってホルモンバランスは乱れます。食生活を改善すると、より一層ホルモンバランスは整いやすくなるので意識してみてください。

参考:公益社団法人日本美容医療協会:美容医療クリニックを受信される患者さんへ

小陰唇肥大を放置しておくとどうなるか?

膣炎のリスク

膣炎というのは、その名の通り膣が炎症を起こした状態のこと。ヒリヒリとした痛みを感じやすくなってしまいます。小陰唇が肥大した場合、洗い残しなども発生しやすくなり、不衛生な状態になることがあるのです。不衛生な状態になってしまった場合、炎症などのトラブルにも繋がりかねません。

小陰唇は雑菌の陰部への侵入を防ぐ目的がありますので雑菌が侵入し、炎症を起こす可能性があります。例えば、膣に雑菌が入って起きる病気としてはカンジダやトリコモナスがあげられます。カンジダは常駐菌ですので性行為をしなくても発症する可能性があるのです。

カンジダを発症すると、陰部で炎症が起きます。そうすると、赤く腫れかゆみや痛みが発生するのです。

腟カンジダについて

常在菌ということもあり、カンジダ菌自体には大きな問題はないのですが、何らかの原因によって異常繁殖した場合に腟カンジダを発症することがあるのです。原因としては、ホルモンバランスの変化や免疫力の低下などが挙げられますが、不衛生な環境が原因の一つになってしまうことも。

小陰唇肥大が起きるときちんとキレイにしたつもりでも洗い残しは発生する可能性が高くなってしまうわけですが、カンジダは不衛生な部分に繁殖しやすい特徴を持っているため、十分に注意しておきましょう。

それに加え、体調の崩れなどがあったりすると腟カンジダのリスクもさらに高まってしまうので、こういったことにも注意しておくことが大切です。

腟カンジダによって発生するかゆみは非常に強く、我慢できずにかいてしまうとさらに状態は悪化します。

また、おりものにも変化が現れ、ヨーグルトやカッテージチーズのように白いおりものが下着に付着するのが特徴的です。かゆみやおりものの変化があった場合、腟カンジダを疑ってみましょう。

しかもこのトラブルは再発しやすいと言われているため、小陰唇肥大が原因で衛生的な状態を保てなくなっている場合、小陰唇肥大自体を何とかしないと再度繰り返してしまう可能性も高いのです。

「小陰唇肥大が原因で不衛生な状態になるリスクが高いためにこういったトラブルが起きるのであれば、とにかく丁寧に洗ってキレイにしておけば何とかなるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、洗いすぎが原因で常在菌のバランスが乱れ、膣カンジダの原因になるケースもあります。

そもそも、本来は膣の内部は強い酸性状態であり、例えカンジダなどの細菌だったとしても内部に侵入することはできませんし、仮に入ってきたとしてもすぐに死滅してしまうのです。

ではなぜカンジダが原因で炎症が起きるのか?というと、洗いすぎも原因の一つになります。膣の内部を酸性に保っている特殊な乳酸菌を洗い流してしまった場合、酸性が弱くなってカンジダが侵入しやすい状態になる危険性が高くなるでしょう。

そのため、とにかく丁寧に洗えば防げるのか?というと、そうとは言えないのです。

トリコモナス

トリコモナスも発症する可能性があります。トリコモナス原虫によって感染するのですが、このトリコモナス原虫はトイレの便座にも潜んでいます。ですから小陰唇肥大で小陰唇が大陰唇からはみ出た状態では便座に付着していたトリコモナス原虫が侵入する可能性が高まってしまうのです。

主な症状は、外陰部や膣に発生するかゆみや痛みです。また、臭いを伴う泡状のおりものが発生するのも特徴。

しかし、初期段階ではほとんど症状が現れないケースも珍しくありません。症状がないのならば特に問題はないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、女性にとっては大問題で、不妊症の原因になってしまう可能性もあるのです。

それだけでなく、妊娠中に感染した場合には早産の恐れもあるので、症状がないのならば良いという話ではありません。

しかも厄介なことに、妊娠中に感染が確認されたとしても妊娠時の治療は何かと難しいものがあるため、将来的に妊娠の予定があるのであれば早い段階で小陰唇肥大の治療を受けておくことをおすすめします。

免疫はできないため、何度でも感染する恐れがある点についても理解しておかなければなりません。

参考:東京都福祉保健局:性感染症ってどんな病気?[PDF]

細菌性膣症について

膣に発生するトラブルとしては他にも細菌性膣症と呼ばれるものがあります。人間の体には普段から様々な菌が存在しているわけですが、このうち、常在菌叢が崩壊することによって発生するのが細菌性膣症です。こちらのケースでは、特定の原因微生物は検出されません。

初めから色症状があるわけではなく、ほとんど自覚症状なのが特徴。半数近くが無症状と言われているため、状態が悪化してからやっと気づけるケースも少なくないのです。初期の段階では炎症もありませんが、悪臭を感じることがあります。

参考:(PDF)一般社団法人日本性感染症学会:細菌性膣症[PDF]

菌のバランスの変化によって発生するものなので、小陰唇肥大によって衛生的な状態を保てなくなった場合にもリスクが上がることが予想されます。

違和感を覚えることがある

肥大してしまった小陰唇は自然に小さくなることはありません。そのため、状態が悪化した場合にはかなり目立つ状態になり、左右差が気になることも珍しくないのです。もともと、左右で差が生まれやすい部位ではありますが、かなりの違いになってしまうと気になるでしょう。

人によっては、小陰唇肥大が原因できついジーンズを履くと痛みを感じてしまったり、自転車に乗った際に違和感がひどいといったトラブルに悩まされている方もいます。こういった問題は小陰唇を小さくするための治療を受けなければを解消しません。

小陰唇肥大のせいで日常生活に影響が出たり、着る服を検討しなければならないのはもったいない話ですよね。美容的な問題だけでなく、このような悩みから治療に踏み切る方も少なくありません。

さらに、小陰唇が大陰唇からはみ出た状態ですと、下着に小陰唇がこすれて摩擦からヒリヒリとした痛みを感じることがあります。そのように炎症を起こした部分に雑菌が入ると重篤な症状になるかもしれません。

排尿トラブル

大陰唇から小陰唇がはみ出た状態では排尿がうまくいかないことがあります。

そうなると、陰部に多くの菌を含む尿が付着し不潔な状態となるのです。

これは、排尿をする際に大きくなった小陰唇に尿が当たり、飛び散ってしまうためです。例えば、排尿時に尿が真っすぐに出ないと感じたことはないでしょうか。こういったことをきっかけに小陰唇が肥大していることに気づく方も多いようです。治療を受ければ、それまで感じていた排尿トラブルの改善にも繋がるでしょう。

臭いの原因になることがある

特に肥大していない小陰唇だったとしても、清潔さを保つことができなければ悪臭を放ちます。そのため、洗い残しが発生しやすいと言われる肥大している小陰唇は通常の状態に比べると臭いのリスクが高いといえるでしょう。

臭いの問題はなかなか自分では気づけないものなので、何とか対策をとりたいと思っているのであれば、衛生的な問題を含めて小陰唇縮小手術について検討してみてはどうでしょうか。

陰部が不潔な状態は臭いを発生させ、他の人を不快にさせるだけでなく、自分も自信を失うことになります。こうした自信の損失が原因で温泉に行きたくないという人やパートナーとのセックスをしたくないと考える人もいるほどです。

小陰唇肥大は多くの場合、深刻な病気ではありませんが、このように生活に支障をきたすことも考えられる訳です。

かなりデリケートな問題ということもあり、なかなか周りには相談できないでしょう。ですが、ご紹介したように小陰唇肥大は実に様々なトラブルの原因になってしまいます。

中には健康と深く関わっているものもあるため、ただ単に大きさの問題だけではありません。なによりもコンプレックスに繋がりやすいポイントでもあるので、小陰唇肥大に悩んでいるのであれば、治療について検討してみるのがおすすめです。

小陰唇肥大は色も気になる

小陰唇肥大を気にしている人は形や臭い以外に色も気にする人が多いです。小陰唇が思春期から大人にかけて成長するとともに色がピンク色から黒ずんだ赤色に変わっていくのですが、中には色素が薄くピンク色のままの人もいます。

小陰唇肥大しますと通常の黒ずんだ赤色よりもさらに黒くなってしまいます。そうすると、その色を気にしてやはりパートナーとセックスをしたくないと考える人もいるのです。小陰唇肥大を治療することでパートナーに対して積極的になることができます。性格も明るくなって楽しい毎日を送ることができるでしょう。

小陰唇縮小手術をお考えの方に

女性器は、年齢とともに大人の性器へと変化をしていきますが、その過程で起こる大きさや色、形の変化に関して、コンプレックスを持つ女性は少なくはありません。とくに小陰唇の変化に関しては、コンプレックスを持つ女性が非常に多いといわれています。

女性器は泌尿器であり、性器であるとともに、出産にもかかわる大切なものです。ですから、単なるコンプレックス解消のために小陰唇縮小手術を受けるのではなく、メリットやデメリットも知り、理解をした上で手術に臨むことが大事です。

デリケートな場所でもあるので、手術自体を不安に感じる方もいるはずです。手術内容がどのようなものかを事前に知っておくことで、安心してクリニックへ向かうことができると思います。

手術前に必要な知識をわかりやすくまとめてみましたので、ぜひ目を通してみてください。

なお、小陰唇縮小手術は、体にメスを入れる手術になるため、術後一定期間は行動に制限がかかります。仕事や旅行などが控えている場合、事前に調整しておく必要があります。

安心してクリニックを受診していただくためにも、お読みいただければ幸いです。

クリニックの選び方

小陰唇縮小手術を受ける場合、重要なのがクリニック選びです。費用や手術内容だけでなく、手術のリスクや施術のキレイさなどもクリニックによって変化するといわれています。特に、確かな安全性を確保するためには、クリニック選びが非常に重要です。

また、適当なクリニックで手術を受けたために、手術跡が目立つなどを後悔している女性も多いそうです。そのため、あなたが信頼できる場所で、安心して手術が受けられるように、しっかりと選び方のポイントを把握しましょう。

クリニックの選び方を詳しくみる>>

手術の流れ

小陰唇縮小手術は需要が多い整形手術の1つです。それだけ、悩んでいる女性が多い問題ということでもあります。ただ、一般的な整形手術と違って、どのような流れで行うのか分かりづらい手術だという意見もあるようです。

そこで、小陰唇縮小手術がどのように行われているのか、全体の流れからイメージを膨らませましょう。また、実際の手術の流れを把握することで、安心感を得られます。不透明な部分が多いと、恐怖感が増してしまうため、冷静に手術について考えるためにも、実際の手術の流れを確かめておきましょう。

手術の流れを詳しくみる>>

術後の注意点

小陰唇縮小手術は、女性器にメスを入れる外科的手術を行います。他の部分とは違い、女性器は非常にデリケートな部分なため、術後の過ごし方や対応に細心の注意を払う必要があります。また、場合によっては制限がかかることもあり、下着や生理用品などが多く必要となる場合があります。

そのため、前もって術後の注意点を把握し、あらかじめ準備しておくことで、合併症などの不測の事態の予防や対策を講じましょう。特に、合併症は医師の治療が必要となるケースもありますので、十分な注意が必要です。

術後の注意点を詳しくみる>>

体験者の口コミ集

どれだけ詳しく知識を得ても、痛みや術後の不具合などのイメージがしにくいことがあります。特に、クリニックでの対応や術後の様子など、実際に体験してみないとわからない意見ほど参考になります。

そこで、実際に小陰唇縮小手術を体験した方々の口コミを見ながら、より具体的な手術の理解を深めましょう。そして、自分が受けた場合のことをイメージしながら、小陰唇縮小手術を受けられるかどうかを、もう一度考えてみましょう。

体験者の口コミを詳しくみる>>

小陰唇縮小手術Q&A

小陰唇縮小手術についてさまざまな知識を得るほど、気になることが増えていくものです。そこで、小陰唇縮小手術を考えている女性の多くが気になる疑問に答えていきます。あなたが気になる疑問にも回答しているかもしれませんよ?

また、こうした疑問について調べておくことで、カウンセリングの時にはより具体的な相談や打ち合わせができます。少しでも不安をなくし、理想的な手術を受けるためにも、必ず目を通して手術の細かいところまで把握しておきましょう。

小陰唇縮小手術のQ&Aを詳しくみる>>

小陰唇縮小手術のメリット・デメリット

小陰唇縮小手術を考える女性は多いのですが、見た目以外にどのようなメリットがあるのか改めて把握していきましょう。また、直接女性器にメスをいれる手術のため、さまざまなリスクも考えられます。

特に、思いがけないデメリットに遭遇し、後悔してしまう女性も多くいます。そのため、メリットだけでなくデメリットも一緒に把握して、小陰唇縮小手術をしっかり考えましょう。安心し、安全な手術を受けるためには、メリットだけに目を向けていてはいけませんよ。

小陰唇縮小手術のメリット・デメリットを詳しくみる>>

小陰唇手術の費用相場

手術に関するリスクなども気になりますが、手術を受けるためには費用も気になるポイントです。クリニックによって幅はありますが、実際に必要となる費用についても知っておきましょう。

また、費用の相場を知っておくことは、適切なクリニック選びにも役立ちます。例えば、相場よりも安すぎるクリニックは大切な手順などを飛ばしている可能性があり、危険性が高いクリニックである場合が考えられます。

現実的な計画を立てるためにも、安全に手術を受けるためにも、しっかりと費用相場を確かめておきましょう。

小陰唇縮小手術の費用相場を詳しくみる>>

小陰唇縮小の無料カウンセリングってどんな内容?

小陰唇縮小手術を受ける前には、無料でカウンセリングを受けることができます。このカウンセリングでは、現在の小陰唇の状態を確認したり、具体的な手術の説明などを受けたりできます。特に、気になる点について直接質問して解消できる機会ですので、ないがしろにしてはいけません。

また、手術を受けるかどうかの最終的決断をカウンセリング後に決定できます。そのため、カウンセリングについてもしっかり把握しておき、手術へ安心して望めるように活用しましょう。

小陰唇縮小手術の無料でカウンセリングを詳しくみる>>

小陰唇の役割、肥大のデメリットまとめ

小陰唇は、女性の身体になくてはならない器官です。小陰唇があるおかげで、身体の健康状態が守られていると言っても過言ではありません。そこで今回は、小陰唇の役割を載せてみました。また、小陰唇が肥大したときのデメリットや大陰唇の役割についても載せてあるので、参考にしてみてください。

小陰唇の役割は?縮小しないとマズい?>>