小陰唇縮小手術で口コミ評価の高い大阪のクリニックとは?

HOME » これで安心!小陰唇縮小手術の予備知識

これで安心!小陰唇縮小手術の予備知識

このカテゴリーでは、小陰唇縮小のための手術を受ける前に知っておきたい予備知識を紹介していきます。

小陰唇縮小手術が必要な状態とは

ご自分の小陰唇の状態を不安に感じ、小陰唇縮小の整形手術を受けたいと考えるなら、大切なことは「納得できるクリニックを選ぶこと」です。

女性の性器に関する悩みの多くは、小陰唇だといわれますが、小陰唇が肥大していると、このような症状がみられます。

  • 小陰唇が大陰唇からはみだしている。
  • 小陰唇の色が黒い。小陰唇にシワが多く黒っぽい。
  • 左右の形や大きさが異なる。
  • 座ったり、パンツなどで圧迫されたりすると痛い。
  • 小陰唇が大きく、外陰部に痛みや違和感、かゆみなどがある。
  • 尿の飛び方がおかしい。
  • おりものが多い。

また、小陰唇縮小が必要かどうか簡単なテストでも診断できます。

  1. 両方の小陰唇をぴったりつけます。
  2. そのまま軽くつまみながら引っぱります。
  3. そのまま指をパッと離します。

これらの症状が当てはまるのであれば、クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

小陰唇縮小手術が得意な大阪のクリニックを見てみる>>

小陰唇縮小手術をお考えの方に

女性器は、年齢とともに大人の性器へと変化をしていきますが、その過程で起こる大きさや色、形の変化に関して、コンプレックスを持つ女性は少なくはありません。とくに小陰唇の変化に関しては、コンプレックスを持つ女性が非常に多いといわれています。

女性器は泌尿器であり、性器であるとともに、出産にもかかわる大切なものです。ですから、単なるコンプレックス解消のために小陰唇縮小手術を受けるのではなく、メリットやデメリットも知り、理解をした上で手術に臨むことが大事です。

デリケートな場所でもあるので、手術自体を不安に感じる方もいるはずです。手術内容がどのようなものかを事前に知っておくことで、安心してクリニックへ向かうことができると思います。

手術前に必要な知識をわかりやすくまとめてみましたので、ぜひ目を通してみてください。

なお、小陰唇縮小手術は、体にメスを入れる手術になるため、術後一定期間は行動に制限がかかります。仕事や旅行などが控えている場合、事前に調整しておく必要があります。

安心してクリニックを受診していただくためにも、お読みいただければ幸いです。