小陰唇縮小手術で口コミ評価の高い大阪のクリニックとは?

小陰唇縮小手術のメリット・デメリット

小陰唇縮小手術はとてもデリケートな場所の手術です。またデリケートな問題でもあります。手術に踏み切るにはとても勇気がいることでしょう。小陰唇縮小手術にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?ここでは小陰唇縮小手術におけるメリットとデメリットをご紹介します。

小陰唇縮小におけるメリット

小陰唇縮小手術における一番大きなメリットは心の中で抱えていた不安を解消することができるということでしょう。小陰唇についての悩みなんて、友達などに相談することはなかなか難しいものです。その誰にも相談することのできない悩みを解決することができるのですから、そのメリットは計り知れないと言えます。

まず、メリットとして挙げられるのは何をおいてもコンプレックスとなっている小陰唇の大きさが手術によって自分の希望するサイズに縮小することができるということです。陰部の臭いが気になっている人は小陰唇が縮小することで汚れがつきにくくなるため、臭いも軽減されます。 また、キレイにデザインすることによって見た目にも美しくなるため、自信が持てるようになりますね。これは小陰唇の左右のサイズが違っていることに悩んでいる人にも言えることでしょう。

さらに、小陰唇が肥大している場合、着るものや自転車などの乗り物の影響により、擦れて痛みが発生している人にとっては今後の生活が快適なものになることは間違いありません。 このように小陰唇縮小手術にはさまざまなメリットがあります。ひとりで悩んでいる人はクリニックで相談してみるのもクオリティ・オブ・ライフを大きく改善するひとつの手だといえるでしょう。

小陰唇縮小におけるデメリット

小陰唇縮小におけるデメリットといえば切って縫う手術で行うのですから、出血や痛みといったものが伴います。術後の経過は人それぞれで、出血も痛みもまったくないという人から、痛みや出血があったという人もいらっしゃいます。術後のことですから事前に予期することはできません。術後に痛みや出血してしまった場合はクリニックに早急に相談して、安静にしているほかないでしょう。

また、意外に多いのが「イメージと違った」というもの。これは医師との意思疎通ができていなかったことが原因で起こることです。一度手術してしまえば、それ以上に小さくはできても大きくすることはできません。なので、一番大切なことは医師と綿密に打ち合わせをして、自分のイメージするデザインをきちんと伝えるということです。医師のお話しに不安を感じるようであればクリニックを変えてみることを考えた方がいいかもしれませんね。

大阪で小陰唇縮小手術をお考えの方はぜひ参考にしてみてください

小陰唇縮小術が安心なのはどこ?料金や口コミで大阪のクリニックを比較!