小陰唇縮小手術で口コミ評価の高い大阪のクリニックとは?

大阪で小陰唇縮小手術ならこのクリニックで! » 需要が多いその他の女性器形成手術

需要が多いその他の女性器形成手術

女性器の悩みは人それぞれです。クリニックで最も需要が多いのは小陰唇縮小手術ですが、他にも需要の多い女性器の形成手術があります。

小陰唇縮小以外で、とくに需要が多い手術には、次のような手術があります。

膣縮小

出産により膣が広がってしまった、会陰裂傷してしまった、という場合や、膣が広くなったことで不感症になっている、男性に満足度を得てもらえない、膣の壁が広くタンポンをしてももれてしまう・・・などの悩みに効果がある手術です。

女性器治療の中でも特に需要の高い手術が膣縮小です。膣縮小は小さくするのではなく、狭くするための手術です。もともと膣の大きさは生まれながらに決まっているのですが、出産などを経験することで徐々に広がっていきます。すると、生理用品が使いにくくなったり、性交時の相手の快感が薄れると思ったり、さまざまな点でコンプレックスとなってしまうのです。

そこで、大きくなった膣内を狭くする膣縮小の需要が伸びているのです。膣の大きさによるコンプレックスを解消できるのが大きなメリットで、相手のことを思うからこそ生まれる悩みの解消は非常に大きなメリットとなります。

一方で、デリケートな場所なので、無事に成功するかはクリニックや医師の技術や体制によって異なる部分が大きいです。場合によっては思うようにならないだけでなく、合併症などのリスクもありますので十分に注意して手術を受けましょう。

膣縮小を詳しくみる>>

クリトリス包茎

男性と同様に、女性にも包茎があります。クリトリスの皮がだぶつく、クリトリスの皮が余っていることで垢がたまり臭いがある、不潔になってしまうなどの悩みに効果がある手術です。クリトリス包茎が原因で、不感症になってしまう場合もあります。

包茎というと男性独自のもののように思えますが、女性にも包茎があるのです。実は、女性器にあるクリトリスは、発生学上男性の陰茎と同様のものだといわれています。つまり、女性の包茎の場合は、このクリトリスが覆われている状況を指しています。

また、クリトリス包茎は男性の包茎とよく似ており、包皮との間に垢が溜まりやすい、性交時の快感を得にくい、見た目が恥ずかしいなどのコンプレックスを抱きやすいです。そのため、余った包皮を切り取りクリトリスが露出するように手術を行います。

そして、クリトリス包茎の手術は小陰唇縮小手術などの他の手術と同時に行えるため、一挙にコンプレックスの解消になることもメリットとなります。ただ、手術後は敏感になっており、慣れるまでは痛みや違和感を抱きやすいため、少しだけ注意しておきましょう。

クリトリス包茎を詳しくみる>>

大陰唇縮小・増大

大陰唇縮小術は、大陰唇の黒ずみや、シワなどが気になったり、下着にあたりこすれてしまったりといった悩みに効果がある手術です。

反対に、増大術は、痩せた大陰唇をふっくらとさせる手術です。

女性器の見た目の大半を占めているのが大陰唇です。大陰唇は女性器の外部の両側にある部位で、尿道や膣口を守るために存在しています。ただ、他の女性器とは違って、男性にも女性にも見られる可能性が高い部分であるため、形や大きさには悩みを抱きやすい部分でもあります。

大陰唇の手術には、縮小手術と増大手術の2つがあります。大陰唇が大きいと下着に擦ることが多くなるため、痛みや黒ずみなどが起きやすくなります。そのため、縮小手術をおこなってこうした悩みを改善させます。

また、小さいと下着との擦れなどの問題は起きにくいですが、痩せた印象となり魅力的に感じないことがあります。そこで、増大手術を行いふっくらとした見た目へ変化させます。

大陰唇縮小・増大手術を詳しくみる>>

副皮除去

女性器のコンプレックスとなりやすのが副皮の存在です。副皮は小陰唇と大陰唇の間にある皮膚のことで、女性器を見たときに大陰唇からはみ出ているように見えるため、コンプレックスとなりやすいのです。副皮の形や大きさの個人差が大きく、副皮が大きい女性もいれば、全く無い女性もいます。特に、全く無いほうが美しいというイメージが強いため、除去手術の需要が増えています。

副皮自体は一般的なものですので、必ずしも手術を行う必要はありません。ただ、副皮があることで汚れが溜まりやすく感染症などを招くリスクがあるため、見た目の改善と併せて除去することがメリットとなります。

また、大陰唇が尿道などを守る役割があるのに対し、副皮には重要な役割が確認されていません。除去しても特別な不具合が生じにくいため、除去手術へのハードルが低くなっているのです。しかし、除去後の女性器の形には、医師の技術が大きく左右します。医師やクリニック選びに重点を置き、後悔しない手術を受けましょう。

副皮除去を詳しくみる>>

処女膜再生手術

女性器の手術では見た目や実害などがあるために、行われるものがほとんどです。しかし、実生活には全く支障がない部分で需要が増えている手術個所が処女膜です。処女膜は、膣口にある粘膜のことです。一般的に初めて性交を行うときに出血するのは、この処女膜が傷つくためです。

ただし、処女膜は非常に薄いため、性交時で無くても運動中などに破れてしまうこともあります。そこで、手術によって処女膜を再生させることで、処女であるアイデンティティを取り戻すことができるのです。特に、男性の中には処女である女性に対する好感度が高いため、処女であることをアピールできる処女膜の再生手術の需要も伸びています。

また、膜といってももともと穴が空いており、完全な膜状ではありません。処女膜が膣内に残っていることもあり、縫合することで手軽に再生できる手術でもあります。そのため、改めて処女膜のある性交を行うことができ、普段とは違った快感を楽しめると人気を集めています。このように、さまざまな理由で行える手術のため、一度手順などを確かめておいても損はありませんよ。

処女膜再生手術を詳しくみる>>

次のページからは、これらの手術について、メリットや手術の流れなどを紹介します。