小陰唇縮小手術で口コミ評価の高い大阪のクリニックとは?

大阪で小陰唇縮小手術ならこのクリニックで! » 需要が多いその他の女性器形成手術 » 小陰唇縮小以外でも需要のある手術箇所「処女膜」

小陰唇縮小以外でも需要のある手術箇所「処女膜」

「処女膜」とは?

処女膜とは、女性の膣口を覆っている淡いピンク色の粘膜のことです。粘膜といっても、小指が入る程度の穴が開いているため、完全に膣口を塞いでいるわけではありません。生理の出血やオリモノはこの穴を通して体外へ排出されます。処女膜の厚みは、障子紙や薄めのキッチンペーパーほどと言われており、この膜には血管が通っているため、膜が破れたり傷付いたりすると痛みや出血があるようです。処女膜の形態は人によってさまざまで、損傷時に痛みや出血がない人もいます。

 

「処女膜再生手術」とは?

一般的に処女膜は「初めての性行為によって損傷し、その時に痛みをともない出血するもの。」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、処女膜はとても薄く、運動などによって損傷してしまうこともあります。そんな意図しない理由で損傷してしまった処女膜を再生させる手術のことを「処女膜再生手術」と言います。処女膜は損傷してしまっても中に残っていることが多く、それらを縫合し再生させます。出産などにより処女膜が完全に損失してしまっても膣粘膜を剥離した後、縫合が可能です。

 

処女膜再生手術を受けるメリット

処女再生手術を受ける理由は人によってさまざまですが、手術を受けることによって得られるメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

 

初体験をもう一度味わうことができる

処女膜再生手術後の性行為では、再度、処女膜が破れる痛みや出血を体験することができます。パートナーの要望で手術をする人も多く、マンネリ化した性行為を刺激的なものにするため、小陰唇縮小手術と処女膜再生手術を一緒に受ける人もいるほどです。

 

意図しない処女膜の損傷をリセットできる

処女膜はとても薄く、性行為以外でもスポーツや不慮の事故などにより損傷することもあります。しかし男性の中には、性行為の際の出血を神聖なものと考え、出血しないから処女ではないと思う人もいるようです。そのため、処女なのに処女膜がないと不安になっている人でも安心して性行為が行えるよう、手術を受けるのも良いでしょう。

 

パートナーに処女だと思ってもらえる

前述したように、男性の中には、処女にこだわりを持っている人や、処女をブランド的な価値として見ている人、処女は清純派に見えるなどのイメージを抱いている人は多いと言われています。そんなパートナーの期待に応えるために処女膜再生手術を決意する人もいます。

 

処女膜再生手術の内容

処女膜再生手術には、「プチ処女膜再生手術」と「縫合再生手術」、「レーザー再生手術」があり、クリニックや自身の状態によって行われる施術は違います。

 

プチ処女膜再生手術

処女膜再生手術で最もポピュラー手術が「プチ処女膜再生手術」です。1週間以内に性行為を行う予定がある人にはおすすめで、簡単な手術で処女膜を再生することが可能です。破れてしまった処女膜を集め、糸で縫合するだけなので、手術時間も短く、体への負担が少ないと人気の手術方法です。注意したい点は、1週間以内が最も効果が実感できるため、この期間内に性行為を行う必要があります。そのため、予定の調整が必要で1週間を過ぎると性交時に出血しないことがあるようです。

 

縫合再生手術

「縫合再生手術」は、処女を体感したい人におすすめで、術後の性行為では痛みと出血の両方を再現できます。破れて残っている処女膜を縫い合わせて、元の状態に近い形を形成する手術です。溶ける糸で縫合するため抜糸の必要はなく、処女膜再生の効果も高いことから、術後の性行為を行なう期限の縛りはありません。処女膜の損傷が激しい場合や、処女膜自体が損失している場合でも手術により再生させることが可能です。

 

レーザー再生手術

「レーザー再生手術」とは、断裂してしまった処女膜をレーザーで癒着した後に縫合する方法のことです。注意する点は、処女膜の癒着によって、処女膜強靭性を引き起こす可能性があるということ。処女膜強靭性とは、膣口が狭くなる状態を指します。本来は先天性のもので、処女膜が厚いことが原因と言われています。処女膜強靭性が起こってしまった場合は、性行為自体が困難となるため、処女膜の切開手術が行われることもあります。

 

手術の流れの一例

 

カウンセリング

手術内容・手術日の決定(クリニックによっては当日予約で手術が可能な場合もある)

麻酔(表面麻酔と局部麻酔で行われる)

切開・縫合(溶ける糸を使用するので、術後の抜糸は不要)

再生(治療時間は10~30分程度)

アフターケア(クリニックによっては術後に数回健診があります)

 

手術に関する注意点

・手術当日~数日、出血することがあります。通常は1日程度で収まるので心配はいりません。

・麻酔や切開、縫合などにより術後、少しの間、腫れをともなうことがあります。そのため、手術内容にもよるが、術後1週間は、激しい運動や自転車に乗るなど患部を刺激する行為は避けた方がよいでしょう。

・手術当日~翌日、軽い痛みをともなうことがあります。

・手術内容にもよるが、性行為は4週目まで控えた方がよいでしょう。

・シャワーは手術当日より可能だが、入浴に関しては医師の指示のもと行う。

・アルコールは手術1週間後から摂取可能。

 

処女膜再生手術費用の相場

処女膜再生手術は美容関連の施術になるので、保険適用外となっています。全てが自由診療で、全額自己負担となります。手術方法や各クリニックによって費用は異なるので、事前に費用などの相場を調べておくことがクリニック選びのポイントとなります。

 

プチ処女膜再生手術

平均15万円前後で処女膜再生手術の中では最も安価です。

 

縫合再生手術

平均20万円程度と言われています。

 

レーザー再生手術

平均20~30万円で処女膜再生手術の中では一番の高額となっています。

 

処女膜再生手術の体験談

 

〇お見合いで知り合った彼と結婚を考えた時、良い印象を与えたくて「処女膜再生手術」を選択しました。20分程度で手術は終わり、術後は少しの腫れと痛みだけで出血はありませんでした。およそ1ヵ月後に性行為を行った際は、ちゃんと出血があり、彼は処女だと思ったようです。(30代/OL)

 

〇初体験の時、出血が無くおかしいと思いクリニックを受診。自然に損傷することもあると説明を受けたが、体験してみたいという思いもあり、再生手術を決意しました。手術自体は15分程度で終わったのですが、局部麻酔で意識もはっきりとある中、明るい手術室で股を開いていることが恥ずかしく感じました。(20代/大学生)

 

〇デリケート部分の手術だったのでとても不安でしたが、局部麻酔で痛みもなく30分程度で終わりました。術後も2回ほど検診があり、アフターケアもしっかりしてくれたので満足しています。(20代/主婦)

 

クリニック選びのポイント

処女膜再生手術は、処女膜の形態や状態によって方法が異なります。そのため、クリニックに足を運び、カウンセリングをしっかり受けることをおすすめします。クリニックによって方針も変わってくるでしょう。デリケートな手術になるので、自分が納得できるクリニックを選ぶことが大切です。また、処女膜再生手術の費用は、保険適用外の完全自己負担となっています。麻酔や薬代など細かな諸費用が明記されている、もしくは説明がきちんとあるなどが重要となり、追加費用の有無などは事前に確認しておくと良いでしょう。

 

女性にとって女性器の悩みは、深刻でナーバスな問題です。そんな悩みを少しでも解決する策のひとつが「処女膜再生手術」ではないでしょうか。決して安くはない手術費用なので、信頼できるクリニックに出会えるかどうかが重要なポイントです。パートナーとの関係を良好にする手段のひとつとして知っておいて損はない手術といえます。